新着情報

News

言わなかった後悔と言って振られた後悔

 最近、寒暖の差が激しいですね。

 こんなときは、体調を崩しやすいので、管理には気をつけなければなりませんね。

 

 さて、先日、前々回お話しした高校時代の友人と食事をしました。

 そこでは、お互いにしている仕事の話と、高校時代の話で楽しみました。

 当然、高校時代の話というと、恋バナも出てきます。

 私なんかは、中学、高校と、面戸向かってはっきりと告白できた経験はなかったです。

 自分に自信がなかったことと、それ以上に女性に対する一種のバリアを超えることが怖かったからです。

 よくちまたでも聞きますが、「言わなかった後悔より言って振られた後悔の方がまだましだ」ということです。

 これは、その中学時代や高校時代が終わって、告白しなかった後悔は、何で告白しなかったのだろうという後悔に繋がります。

 だから、今の学生諸君については、バリアを超えることは大変ですが、是非自分の気持ちは伝えて欲しいと思います。

 これは、度胸と勇気ですね。本当に自分には、学生時代そういう精神力がなかった。

 

 今は、妻と幸せに生活していますが、あれからそれなりに人生経験を踏んできて、その頃よりは精神力が付いてないとしょうがないと思っています。

 「心・技・体」

 この言葉には、精神面の強さが求められていると思います。

 私自身も、へこたれない精神力を今後も積み重ねていきたい所存です。

 

司法書士 今井 久雄

 

 

ページの先頭へ