新着情報

News

所有権移転及び信託登記の抹消

今日は、かなり専門的なお話です。

家族信託が今、結構話題になっていますね。

今回の事案は、今から2年前に設定した家族信託が終了した事案でした。

 

2年前、ある方(委託者)が所有している不動産につき家族信託を設定し、その登記もしました。

受託者に名義が移っているということですね。

その家族信託の終了事由には、委託者の死亡が載せられています。

 

そこで2年後の今回、委託者が死亡し、信託の終了により、その旨の登記をする必要が生じました。

受託者名義の不動産ですが、本件信託の規定によるとその受託者が帰属権利者です。

そこでどう登記をするか文献等を参考にし、まず考えたのは、「受託者の固有財産とする旨の登記及び信託登記の抹消」でした。

信託財産を受託者の固有財産にすればいいという発想からですね。

あくまでこれは、私自身の発想にしか過ぎなかったので、一応管轄法務局と打ち合わせをしました。

そしたら、「所有権移転及び信託登記の抹消」で行ってくれということでした。

先ほどの「受託者の固有財産とする旨の登記」は自己信託で出てくる概念のようです。

初めてのことでしたので、登記原因証明情報の記載方法も分からず、文献を参考に作成しましたが、補正もなく登記が通り安堵しました。

 

信託は、融通が効く制度ですので、色々なパターンが想定されますが、そのパターンにどの登記を当てはめるかは難しいところです。

これからも家族信託は増えると思いますので、研鑽を積むことが大事だと思いました。

 

司法書士 今井 久雄

 

 

 

ページの先頭へ