新着情報

News

成年後見業務 その4

 私が保佐人をさせて頂いている本人の施設入所が、間近に迫ってきました。

 その本人は、元々在宅の方でしたが、主に経済的な理由で施設に入所することになりました。

 そこで、本日、施設入所前最後の定期訪問だったのですが、その訪問から帰る際、その本人からこう言われました。

 「今井先生、いつも心配掛けてすみません。」

 本人は、これから施設に入所することになることは分かっています。

 今まで、そのようなことは本人から言われたことはなかったものですから、びっくりしたのは勿論、なんか泣けてくる思いがしました。

 世の中、仕方がないこともあるんだな・・・。と思いました。

 施設に入所しても私は保佐人を務めていきます。これからも、趣味を大事にして、元気に生活して欲しいと思っています。

 今日は、割と短めの文章でしたが、自分としては重い文章のように感じています。

 

司法書士 今井 久雄

ページの先頭へ