新着情報

News

成年後見業務 その2

新しい成年後見業務を受託しました。

私が受け持っている成年後見業務としては、比較的若目の方の受任になります。

 

先日、本人がいる施設で、初めて本人と面会しました。

お互いに緊張していたのか、長目の会話はできず、ご挨拶程度でした。

 

自分としては、これから幾度となく施設に訪問し、人間関係をほぐしていこうと思っています。

人間の宝の一つが笑顔です。その方が私と会うと、笑顔を見せてくれるようほぐして行ければと思います。

 

人間は、よく不平等だといいますが、果たしてそうでしょうか?。

そう捉えてしまうと、どうしても人間をカテゴリー(枠)で見てしまうような気がします。

同じ人間なんですよね・・・・・。

この成年後見業務をしていると、どの方でもその方なりに幸せを追求しているような気がします。

たとえ認知症の方でも・・・・・。

そこを尊重して接することがとても大事だと思っています。

 

 

司法書士 今井 久雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ