新着情報

News

相続登記の義務化 その1

 先日、国会で、相続登記の義務化法案が成立可決されました。

 

 不動産登記は、表示の登記と権利の登記に大きく分かれています。

 表示の登記は、土地の種類(地目)、面積(地積)や、建物の種類や床面積などを登記するもので、不動産の物理的現況を登記するものです。

 この表示の登記を当事者に代わって申請する権限があるのが、土地家屋調査士という資格です。

 権利の登記は、その土地の所有者が変わった場合にその所有権の移転登記をしたり、融資を受けてその土地に抵当権を設定した場合にその設定の登記をしたりするものです。

 この権利の登記を当事者に代わって申請する権限があるのが、司法書士という資格です。

 

 表示の登記のうち、土地の地目変更登記や、建物の新築等記、建物の増築登記など、不動産の物理的現況が変更した場合にする登記、これらを報告的登記と言ったりしますが、この表示の登記の報告的登記は、我々国民に登記することが課せられています。つまり、報告的登記は、元々義務化されている登記ということです。

 それに対し、権利の登記というものは、任意であることが大原則でした。例えば、土地をある人が売った場合、買主名義に所有権移転登記をするかは、我々国民にとって義務とはされていません。売主名義のままにしておいても、国から咎められることはないのです。

 報告的登記である建物の新築登記をしないで放っておくと、法律上、国民には過料(罰金のようなもの)の制裁があります。ですが、権利の登記については、過料の制裁はないのです。

 

 相続登記は、正確に言うと、相続による所有権移転登記です。亡くなった人から、相続人に所有権を移すという意味ですね。ですので、権利の登記の一つということになります。

 権利の登記の義務化というのは、今回の相続登記の義務化前は、なかったことでした。

 つまりは、大原則の大きな例外ということになります。これは、所有者不明土地の発生など、様々な問題からの成立でした。

 

 相続登記の義務化は、登記制度において、上記のとおり、大きな例外を置くことになったということです。

 今回は、この辺にしておいて、また、この派生的なお話を載せたいと存じます。

 

司法書士 今井 久雄

 

 

 

 

 

 

「ありがとう」

 今日は、私が以前勤めていた所にいたお姉さんのお話をしようと思います。

 そのお姉さんは、こちらが何か動くと、必ず「ありがとう」と返してくれる方でした。

 ですから、こちらも仕事をしていて心地よかったことを覚えています。

 今日は「ありがとう」というお礼の言葉の話ですが、これが「ありがとう」ではなく「すみません」だとかなり印象も変わります。

 人によっては「ありがとう」というべきときに、「すみません」と返してくる方もいます。

 お互い感謝の意味で仰っていると思いますが、返されて嬉しい言葉は、人によりますね。

 私、たまに、仏教の本というかお坊さんが書いた本を読むのですが、あるお坊さんが書いた本に、「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える人間になりなさいと載っていました。

 そうですね、確かに「ありがとう」と聞いて、悪い気はしない…。むしろ、その方のために、一生懸命動こうという気にもなります。

 言葉って大事ですね。私も、「ありがとう」だけでなく、人を喜ばせる言葉が発せられる人間になりたいと思う次第です。

 

司法書士 今井 久雄

幕の内弁当

 3月になりました。

 新型コロナに関する緊急事態宣言も明けず、明るい兆しを待つ毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 政府の対応には賛否ありますが、資本主義社会と逼迫した医療体制の狭間で藻掻きながら判断するのは、なかなか難しいこともあると思います。

 そんな世の中に対して、少しでも明るい話題でも…ということで。 

 今日珍しく、駅弁を買いました。

 一昔前なら、牛タン弁当、カツ弁当と、いかにも力が付きそうな弁当を買っていましたが、今日はなぜか幕の内弁当…。

 私も、そういう弁当が欲しくなる歳になってきたのかと、少々頭にチラついてしまいました。

 で、その幕の内弁当、それぞれ少量ずつですが、肉あり魚ありと、バランス良くおかずが入っていたので、栄養的には満足しました。

 美味しいのは、美味しいですが、今回の話題で重要なのは、幕の内弁当を選んだことです。

 幕の内弁当には悪いですが、もの足りなさを以前の私だったら感じていたのに、満足している自分がいるのです。

 段々、ガッツリ行こうぜというものから、安パイを取ろうという自分になってきたのかなと思う次第です。

 歳のせいにしてはいけません。時には、ガッツリ行くことも大事です。

 今日は、自分も含めた、中年へのエールとしての文章でした。

 

司法書士 今井 久雄

 

  

    

令和3年度第1回 医療法人の設立認可申請について(千葉県)

令和3年度第1回医療法人の設立認可申請のスケジュールが千葉県のホームページで公表されています。

 

1.まず、千葉県開催の説明会に出席する必要があります。

 

  日時は、令和3年3月5日(金曜日)午後2時30開始です。

 

  そして、場所が例年と異なり、「千葉市民会館3階 特別会議室2」です。

 

  千葉県のホームページにも申請の手引きのようなものはありますが、説明会には必ず出席しましょう。

  ホームページにはのっていない、細かな注意事項やチェックポイントを聞くことが出来ます。

 

  お医者様に代わって当職が出席しますので、ご連絡下さい。

 

2.次に「事前審査」が、4月19日(月曜日)から5月21日(金曜日)まで行われます。

 

  事前審査とは、書類に印鑑を押さない状態で、必要書類をすべて(例えば印鑑証明書や謄本、その他の契約書などの写し)提出します。

  そして、不備や不足があると、担当者がその場で指摘します。

  後日、修正した書類や、追加の書類を持参してOKが出れば、3.「本申請」に移ります。

 

3.いよいよ「本申請」です。本申請は6月7日(月曜日)から6月25日(金曜日)までに行います。

  押印をして、正本、副本、控えなどを作成して、最終的に袋とじをする作業です。

  初めて作ると、書類の厚さと重さにびっくりすると思います。

  また、かなり時間がかかるので覚悟が必要です(笑)。

 

4.そして、認可書が9月に交付される予定です。

  ひとまずホッとするのですが、この後もたくさんの手続があります…。

  また次回の記事で書きたいと思います。

 

行政書士 今井雅子

 

 

 

食事のときは、よく噛みましょう。

 新型コロナウイルスの猛威が相変わらず振るっております。

 緊急事態宣言も発令し厳しい世の中ですが、万全の対策をして凌いで行かなければなりません。

 

 さて、コロナの対策も非常に大切ですが、最近になって、自分自身心掛けていることがあります。

 それは、意識して咀嚼する回数を増やすということです。

 食べ物を頂くときは、意識してよく噛む・・・。これがなかなか難しい。

 今日も、昼食がカツ丼弁当だったのですが、急ぎの仕事もあった関係で、焦って早食いになってしまいました。

 ゆっくり噛んで食べることを目標としている自分にとっては、少々ストレスになりました。

 で、思うことですが、ゆっくり食べるには何が必要か、と言えば、それは気分がリラックスしていることだと思います。

 アタマの中が何かに追われていると、咀嚼の回数も減る。これでは、健康にもよくありません。

 こうやって考えてみると、食事の時間は、ある意味神聖な時間ですね。

 ガツガツ食べず、心をリラックスして食事に臨む…。これって、現代人が忘れていることかもしれません。

 

 今日もこれから夕食ですが、心をリラックスして、かつ意識して咀嚼する。

 健康のために、あなたもどうですか?…。と、呟いて、今日はおしまい。

 

 司法書士 今井 久雄

 

明けましておめでとうございます。

  明けましておめでとうございます。

  本年も宜しくお願い申し上げます。

  昨年は、新型コロナウイルスという新たな問題が起きたり、4年に一度のオリンピックが延期されたり、なかなか辛い一年でした。

  今年は、そういった問題が、少しでも緩和されていくことを願っています。

 

  さて、今日は何を書こうと思いつつ、「そうだ、年賀状について書こう。」と思いました。

  年賀状のことを書くのもなんだか変ですが、今年の年賀状は、総じてコロナ問題についての一言書きが多かったというのが大きな印象です。   

  年に数回会う友人とも、去年は一度も会わなかったり、なかなか寂しい一年でしたが、その友人も、「コロナが落ち着いたら一杯やりましょう。」という感じで、コロナに関する一言書きがありました。

  「このコロナが落ち着いたら…」という文言が多かったということは、いかにそれが多くの人たちに影響を与えていたかが分かります。

  この影響が多少なりとも和らいでくれれば、私たち人間の活動もまた動いていけるということを物語っているでしょう。

 

  今年は、どんな一年になるのでしょうか・・・。

  皆さまにとって、少しでも明るい一年になることを祈念して、筆を置きたいと思います。

 

 

 司法書士 今井 久雄

 

   

山下達郎さん「クリスマスイブ」

 12月になりました。

 今年もあと1か月…。

 今年は、新型コロナウイルスなどの問題もあり、例年になく生活しづらい一年だったと思います。

 来年は、少しはそれが緩和されることを願っています。

 

 さて、私もよく、スマホでYouTubeを検索しては、それを視聴しています。

 季節柄でしょうか、山下達郎さんの「クリスマスイブ」の音楽と映像がYouTubeでよく提供されています。

 最近、毎日この曲を聴いています。

 この曲を聴くと、「もうこういう季節なんだな」と思いますね。  

 この曲は、出だしの前奏からいい曲で、これからも名曲として残ると思います。

 ま、この曲を知らない人の方が少ないとは思いますが…。

 

 今年もあとわずか…。

 皆さま、健康にはお互い気をつけて、年の瀬を過ごしましょう。

 

司法書士 今井 久雄

会社設立

 11月になりました。

 毎年のことですが、11月になるとさすがに寒くなりますね。

 こういう季節の変わり目は、体調を崩しやすいので、お互い気をつけましょう。

 さて、最近、会社の設立手続のご依頼を受けることが多くなりました。

 今月1件登記申請しましたし、また1件設立手続を進める予定です。

 コロナの影響もあると思いますが、このご時世、人の生き方も千差万別になってきたように感じます。

 大手の企業にて勤め上げる方もいらっしゃいますが、会社を起業して羽ばたこうとされる方もいらっしゃいます。

 会社を新たに設立するということは、当人にとって希望もあると思いますが、不安もあると思います。

 今回設立した会社の社長になる方も、「これが始まりですね」と気を新たにしていました。

 応援したくなる気持ちと共に、自分も気を引き締める気持ちにもなります。

 会社設立手続の仕事も悪くないなあと思った次第です。

 当事務所では、会社設立登記手続(株式会社)は、会社の態様にもよりますが、諸経費(税金等)含めて31万円から35万円くらいで受任しています。

 ご参考にしてください。

 

司法書士 今井 久雄

 

青魚

  最近になって、「美味しい!」という食べ物が変わってきた・・・というか味覚が変わってきた感があります。

  特に、最近美味しいって思うようになったのは、青魚・・・アジやサバ等です。

  実は昨日の夕食もサバの切り身でした。

  アジの開きも美味しいですよね。一時前は、アジの開きだったら、アジフライ派でしたけど、最近は、アジの開きが自分の中では急上昇中です。

  食べ方としたら、焼き上がったらすぐに食べるということです。そこに大根おろしをまぶして、熱いままホフホフいいながら食べる…。それが何ともうまい!。

  子供の頃は、外から帰ってきてサカナだったりすると、ガッカリしたものですが、今ではサカナでも嬉しいという感情が芽生えるようになりました。

  もちろん、肉も好きですが、この歳になってサカナの美味しさが分かってきた感じです。

  この美味しさ、子供達には分からないかなあ…。

  青魚は、栄養もあるようなので、皆さんも是非召し上がって下さい。

 

  司法書士 今井 久雄   

     

知らない配慮

 今日は、業務のことではなく、一般的に思ったことを書きたいと思います。

 現代社会、マスコミの台頭等で、「知る権利」が重宝されています。

 ですが、私は、「知らない配慮」というか「敢えて知らないようにする配慮」も、世の中、特に人間関係には必要だと思います。

 最近、ある方の内情について情報が欲しいというか、内情に触れたい機会がありました。

 ですが、その方に会っても、その方の内情には触れないように推し量りました。ですので、その方の内情は、今も知りません。

 これは、仕事の話ではないですが、自分自身にこういう機会が訪れたということです。

 こちらがその内情について知りたくても、敢えて知ろうとしない、敢えて触れない・・・、こういう配慮って必要になることもありますよね。

 思いやりって、こういうことかな・・・と思ったりします。

 自分の欲求どおり動くことばかりが、世の中に求められることではないでしょう。

 今日は、抽象的なお話で申し訳ありませんが、そういうことでした。

 

司法書士 今井 久雄

  

 

 

1 / 512345
ページの先頭へ