新着情報

News

トシちゃん「抱きしめてトゥナイト」

 自分、それほど音楽に造詣があるわけではないですが、2回連続で音楽に関する投稿です。

 自分、ユーチューブをよく見るのですが、そこで、田原俊彦さんが若い(今でも若い感じがしますが)ときの「抱きしめてトゥナイト」を見ました。

 いやー、敢えてトシちゃんと呼ばせて頂きますが、トシちゃんのこの曲の振り付けはすごいと思いました。

 特に、後半の「テルミー」に入る前の踊りはすごいです。トシちゃんファンの方なら、絶対ご存じでしょう。

 こういうの40後半の私も、つい憧れてしまって、その振り付けをマネしようとしますが、全くかたちになりません(T-T)。

 さすが、トシちゃんはプロ、と尊敬のまなざしでユーチューブを見ています。

 私も、司法書士という登記のプロですので、こういうところからも身を引き締めていきたいと思います。

 

司法書士 今井 久雄

 

エルトン・ジョンさん「ユアソング」

 先日、学生時代の恋バナをテーマにした記述を挙げました。

 自分、キャラクター的には、恋愛というテーマはガラではないですが、あるラブソングのフレーズで一つ気に入っているものがあります。

 それは、エルトン・ジョンさんの「ユアソング(洋楽)」という曲にある「ハウ ワンダフル ライフ イズ ワイル ユア ア イン ザ ワールド」というフレーズです。

 訳すると、「あなたがいる世界にいるだけで、なんて素晴らしい人生になるだろう」というフレーズですね。

 まさに、好きな人ができるっていうのは、こういう気分だよな、という納得のフレーズです。

 好きな人がいるだけで、自分自身の人生は素晴らしい人生になると感じてしまう。

 告白して成功したとかダメだったとか、そういう次元のものではなく、自分がこんなにも人を好きになれたことを美徳とした素晴らしいフレーズだと感じました。

 最近、少子化少子化と言いますが、日本人は、まずこのユアソングの主人公のように、人を本当に好きになれているのかという点もあると思います。

 是非、特に若い方達は、本当に異性を好きになって、自分の人生はなんて素晴らしいものだと感じながら生きて頂きたいものです。

 

司法書士 今井 久雄

読書

 秋ですね。

 秋と言えば、食欲の秋、スポーツの秋等ありますが、今回は、読書の秋ということで、読書をテーマにして私見を述べていこうと思います。

 読書はした方がいいのか、しなくてもいいのかという疑問があるかと思いますが、私は、読書は、その人ができる範囲でした方がいいと思っています。

 まず、小説とかがよく言えることですが、小説を読むことで人生を疑似体験できる部分があります。

 そうすると、自分の人生に深みが出ることも考えられます。

 それと、思うのですが、人生というものは短いとよく言いますが、人生を渡っている間は、その人なりの苦難や辛さに遭遇するものですよね。

 私は、その苦難等は、なかなか自分の思想哲学だけでは、対応できないと思っています。

 生まれながらの神様みたいな人は、何事もなく人生を渡っていけると思いますが、ほとんどの人たちは自分の思想哲学だけでそれを対処するのは難しいと思います。

 そこで助けてくれるのが、本です。本は、内容にもよりますが、そういう人生の苦難に対処する方法を無意識のように教えてくれるものです。

 つまりは、本に書いてあることは、人が生きる上でのヒントだと思っています。

 このヒントを人生にうまく生かせる人は、苦難を人より柔らかく対処できると思いますし、ストレスの掛かり方も少なくなってくるのではないでしょうか?。

 「ものは考え様」という言葉もあります。是非、読書を活用して、お互い人生を楽しいものにしていきましょう。

 

司法書士 今井 久雄

相続登記のおはなし

 最近、暑さも大分落ち着き、秋の風情が訪れてきた感じがしますね。

 この季節は、仕事、読書、グルメなど、何かに打ち込むには程よい季節です。

 

 さて、最近、業務のお話をしませんでしたが、久しぶりに業務のお話をしようと思います。

 相続登記のお話です。

 今回ご依頼のあった対象不動産の登記記録を見たら、所有者の登記受付が明治時代のものでした。

 つまりは、何世代かの相続登記をしてこなかったという事例です。

 日本は、戦前まで旧民法であったので、旧民法に関する解説書を紐解きながらの業務遂行になります。

 今回は、女性が登記名義人であり、戸籍上、夫となるものが入夫婚姻した事例でした。

 戦前入夫婚姻は、家督相続の対象になるとされたので、その原因と原因日付をもって夫名義に家督相続登記を申請しました。

 そして、登記が上がって来たのですが、ほっとするまもなく、今度はその入夫婚姻した夫について相続登記を申請する準備をしなければなりません。

 その夫が亡くなったのは、昭和30年代後半。以後、何人かの相続人は亡くなり、亡くなったということは、その数だけ相続が生じているということです。

 つまり、その相続に関係する人たちも20人近くいて、その方達に対象不動産を相続する人を選んでもらう等が必要になってきます。

 何が何だか分からない相続人も出てきます。それだけ、相続登記の申請をしないでいる状態でいることは、困難が付きまとうということです。

 こういう問題が生じることもあり、最近の法改正で相続登記の申請義務化が定められたということになります。

 皆さんにとって、住んでいる等の不動産は重要なものです。是非、相続登記をきちんと済ませて、大事な権利を守って下さい。

 

司法書士 今井 久雄

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度第3回医療法人の設立認可について(千葉県)

令和4年度第3回医療法人の設立認可のスケジュールが千葉県のHPで公表されています。

今回も新型コロナ感染症の拡大を踏まえて、千葉県主催の説明会は開催されません。
その代わり、9月9日(金曜日)17時までに申し込みをして、資料を送付してもらいます。

https://www.pref.chiba.lg.jp/iryou/chiikiiryou/iryouhoujin/ninka.html

 

ここで気を付けなければならないのは、9月9日(金曜日)17時までに申し込みをしないと、今回の医療法人設立認可申請が出来なということです。

 

千葉県では、原則として、年に3回しか受付をしていないので、この機会を逃すと医療法人化はかなり先になります。

医療法人化を考えているお医者様、医療法人にするメリット・デメリット、その他医療法人全般について分からないことがあるお医者様は、まずは一緒に疑問点を解消しませんか。

 

今回の医療法人設立認可申請のスケジュールは以下の通りです。

1.9月9日(金)  17時までに申し込み

2.事前審査(要予約)10月11日(火)~11月18日(金)

3.本申請      12月5日(月)~12月23日(金) 

4.認可書交付     令和5年3月(予定) 

 

このスケジュールでいきますと、医療法人が診療所を開設するのは令和5年5月1日なると見込まれます。

その場合、個人の診療所は令和5年4月30日に廃止します。

 

最も重要なことは、個人の診療所から法人開設に切り替える際、保険診療のできない空白期間が生じないようにすることです。

そこで、個人の診療所が4月30日まで保険診療を行って、医療法人が5月1日から保険診療を行えるように、事前に厚生局窓口で充分な調整・確認をしておくことが大切です。

 

このように、医療法人を設立して、実際に保険診療を行えるようになるまでには、大局的なスケジュール管理、関係行政機関との細かな折衝が必要になります。

 

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

特定行政書士 今井 雅子

 

 

 

 

 

カレーライス

 今、外は炎天下。本当に暑いですね。

 夏と言えば、カレー。暑いときといえば、カレーですね。

 私は、子供の頃から、カレーライスが好きで、周りのみんなに自分はカレーライスが一番食べ物で好きと公言してきました。

 そのことに変わりはないですが、なぜか自分の結婚式のとき、アンケートで好きな食べ物は、焼き肉と寿司と答えてしまいました。

 カレーに対して非常に失礼なことをしてしまったと思います。散々、カレーライスが好きと言ってきて、人生の大事な場で王道の焼き肉、寿司と言ってしまうのは。

 そういう場では、子供のころから親しんできたカレーライスに凱歌をもたらすべきだったとちょっと思っています。

 

 さて、皆さんは、カレーライスはどういう種類のものが好きですか?。

 王道の肉、タマネギ、ニンジン、ジャガイモが入ったものですか?。シーフードカレーですか?。それとも、夏野菜の入ったカレーでしょうか?。

 私は、王道の肉、タマネギ、ニンジン、ジャガイモが入ったカレーで、肉は豚バラが好きですかね。

 鶏肉も牛肉のカレーも食べたことはあるのですが、豚バラ肉が食べ応えがあって一番好きかなというところです。

 この文章を読んだ方、その晩ご飯がカレーライスになっていたら、何となく私も嬉しいかな。

 私の脳裏にも、大きめのスプーンがチラつき始めました。

 

司法書士 今井 久雄 

 

 

ほおが丸い人

 私、日常生活でテレビはほとんど見ないのですが、先日NHKの番組で田牧そらさんという女子高生が出演されている番組を見ました。

 私、この方をすごく気に入ってしまったのですが、女子高生を気に入るという記述だとなんか文句が言われそうですね。

 この田牧さんは、ほおが丸い方なのですが、ほおが丸くてなおかつカワイイという親近感が湧く女性でした。

 何となく、二枚目が多い芸能界というのは、ほおがシャープである方が多いと思います。

 私も、ほおが丸いタイプの人間ですので、この方にはすごく親近感が湧いてきました。

 番組の内容より、田牧そらさん!という感覚で番組内容そっちのけです。

 今日は、短い文章ですみませんが、丸顔好きの丸顔人間でした。

 

司法書士 今井 久雄

人間関係の希薄化について

 私自身、人に対して、しないようにしていることがあります。

 それは、意地悪です。つまり、故意に人の気分を害する行為はしないようにしています。

 ただ、無意識に人を傷つけてしまうことは、あるかもしれませんが・・・。ありますよね、きっと・・・。

 ま、私も40代後半ですし、年齢的にも人に意地悪をするのは大人げなさ過ぎます。

 いきなり自分を美化しているような記述で申し訳ありません。

 自分は、どちらかというと意地悪をするより、される方が多い人生でした。

 分析してみると、自分に意地悪をしてくる人は、総じて、自分(今井)のことをよく知っていない程度の知り合いが多いということです。

 長い付き合いだったり、自分の中身をさらけ出して話をしてきた人たちについては、それほど意地悪を受けることがなかったと思います。

 この分析を社会全般に照らして考えると、意地悪の原因の一つに、人間関係の希薄化があると思われます。

 その人間の中身まで見ておけば、その人間の良いところ悪いところが分かるのですが、ちょっとしかその人間のことを知らないと、悪いところというか気にくわないところしか見えないということも出てきてしまうのではと思うのです。

 人によって意地悪をする理由、或いはされる理由は違うと思いますが、上記のとおり人間関係の希薄化が一つの理由になっていると自分は思っています。

 日本だけでなく、世界が便利な世の中になるにつれて、人間関係が希薄化していくのは寂しいことです。

 それが社会問題に繋がるとなれば、我々は、社会の問題として人間関係の希薄化を注意深く防いでいくことも必要になると思っています。

 人間関係をせっかく築いたなら、気持ちのいいものにしたいですからね。

 

司法書士 今井 久雄

 

 

 

令和4年度第2回医療法人の設立認可について(千葉県)

現在個人のクリニックを開業していて、法人化を考えているお医者様は、6月10日(金)17時までに千葉県のホームページから申込む必要があります。

 

 https://www.pref.chiba.lg.jp/iryou/chiikiiryou/iryouhoujin/ninka.html

 

医療法人は株式会社と異なり、いつでも自由に設立出来るわけではありません。

まず医療法人を設立するには、千葉県の認可が必要です。

そして、認可を得るために、申請書及びたくさんの書類や資料を提出するのですが、その提出期間はあらかじめ決められています。

千葉県では原則として年に3回、申請書の受付をします。

 

今回は令和4年度第2回の受付で、以下の流れになります。

1.事前審査期間

  令和4年7月11日(月)~8月19日(金)

2.本申請受付期間

  令和4年9月5日(月)~9月22日(木)

3.認可書交付

  令和4年12月(予定)

 

認可書が交付されても、すぐに医療法人が診療所を開設できるわけではありません。

診療所を開設できるのは、おおよそ令和5年3月1日です。

つまり、今から準備しても、個人の診療所から法人の診療所に切り替わるのは、かなり先になります。

 

出来るだけ早く個人から法人に切り替えたいと思っているお医者様は、今回の機会を逃さないようにご注意下さい。

 

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

特定行政書士 今井 雅子

 

 

 

 

 

 

THE BLUE HEARTS

 ここでは、ジャンルを問わず、色々な話題を投稿しています。

 今回は、私の好きなロックバンドについてお話ししようかな、と思います。

 私のキャラクターからロックバンドを想像するのは難しいと思う方もおられるでしょうが(笑)。

 私は、中学生くらいのときから、THE BLUE HEARTSというバンドが好きで、今でもよくスマホで聴いております。

 特に好きな曲は、「青空」「トレイントレイン」などですね。

 知っている方も多くいると思います。 

 どうして好きかと言われれば、どの曲も歌詞の内容が優しいというところですかね。

 トレイントレインで言えば、

 「ここは天国じゃないんだ、だと言って地獄でもない」「いい奴ばかりじゃないけど、悪い奴ばかりでもない」

 というところ。何となく、どんな人間にも寄り添っている感じがするところが好きです。

 あと、「世界中に定められたどんな記念日なんかより、貴方が生きている今日はどんなに素晴らしいだろう」

 とか、本当に寄り添っている感じがしますね。

 THE BLUE HEARTSの方々は、最初見たときは怖いというイメージでしたが、曲を聴いてみて、なんて優しい方達なんだろうと感動しました。

 私も、見た目は結構優しく見られますが、心も本当に優しい人間にならないとと思っています。鍛錬ですね・・・。

 

司法書士 今井 久雄

  

 

1 / 812345...最後 »
ページの先頭へ